医療費控除の金額の違いと新たな控除

一般的に医療費控除と言うと10万円以上を超えた時にその超えた分が戻ってくると考えています。
ですので、その年にかかった医療費の領収書を取っておきます。
しかし、実際には10万円ではなく年収に応じてその金額は変動します。
医療費控除の基準は総所得金額の5パーセントと10万円のいずれか低い金額を超えた場合になります。
ですので、年収600万円を超える人でしたら5パーセントは30万円ですので、医療費控除は10万円になります。
しかし、年収150万円の人ですと医療費控除は7.5万円になります。
ですので低所得の人ほど控除は受けやすいのです。
また、新たな控除の制度がスタートしております。
新たな制度ですと配偶者やそのほかの親族の特定一般用医薬品購入をした場合になります。
特定一般用医薬品は厚生労働省指定の薬品になりますので定期的に薬品をチェックすることが必要です。
また、定期健診、インフルエンザの予防、人間ドッグなどの予防への取り組みに対しても必要書類があれば控除の対象となります。

最新記事