医療提供の体制をしっかり整える

医療もメディカルツーリズムが実施され、日本人も含めて、全世界で年間500万人以上もの人たちが、診療のために渡航しています。
より質の高い医療を受けたい、この理由が最も大きいでしょうが、最先端の医療技術を受けたいこともあるようです。
今、海外の患者を受け入れる体制も日本で整い、日本で医療を受ける患者のみならず、その同伴者には、医療滞在査証を発行してくれます。
医療機関の中にも、医療サービスの質を高めているところがあります。
とある医科大学では、湯治を謳う温泉旅館などと連携し、人間ドックなどのツアーを企画しています。
また、旅行会社と提携し、病院内に国際医療支援室を設けています。
そのため、最近の医療界では言葉の壁を払拭するため、語学力を持つ医療従事者を求めています。
できるならば、医療ツーリストのための優良病院トップ10、こうした情報を公開し、日本人をはじめ、外国人の病院選びに役立たせたり、最先端の技術は医療費も高いため、安くし、日帰りで医療を受けることができるなど、施策は必要でしょう。

最新記事