回復させるためのリハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟の特徴は、急性期後の高密度なリハビリテーションを必要とする状態の患者さん、例えば、心臓疾患や脳血管疾患、骨折などの運動器系のケガなどによる障害を持つ患者さんが当てはまりますが、機能をいち早く回復させることを目的にしている病棟になります。
この病棟では、患者さんの重症度により、ベッドサイドにおけるリハビリテーションも行っています。
専従の常勤医師1名、患者さん13名に対して看護師は常時1名、リハビリテーション要員として、理学療養士3名、作業療養士2名、言語聴覚士と社会福祉士各1名を配置し、急性期の状態を脱した患者さんは、今度は日常生活への復帰を目指し、機能回復のためのリハビリテーションを行っていくことになります。
入院できる期間は、症状によって異なります。
例えば、脳血管腫瘍などの場合には、150日以内、骨盤の骨折などの場合には90日以内となり、晴れて退院の運びとなります。

実際に働いていた人のエムシーアンドピーの印象を確認できます
実際にエムシーアンドピーで働いている・働いていた人から見た会社の評価をチェックすることができるので便利です。

エムシーアンドピーなら課題の抽出も行います
お客様の依頼を受けるとともに、その手段が最適かをターゲットや現状などの課題を抽出したうえでの内容の提案をします。

料理にも使いやすい缶詰が通販にて購入できます
骨などの処理が終わった水煮の缶詰なので、面倒な下処理をせずに調理に使えます。

梅干しを格安で購入できる!

材料にもこだわっており
具材もゴロゴロ入っている分物足りなさも感じません
数の子やズワイガニ・ホタテなどの具材がたっぷりなので、贅沢さも感じられます。

最新記事