メリットばかりではない医師の仕事

医師の仕事内容は、どんな場所に勤務するかで異なってきます。
大きな病院の場合には、施設のなかに内科だけでなく、心療内科や外科など専門的にわかれています。
町にある診療所などでは、症状に合わせて患者本人がその病院を選び訪れることが多く、診療所で対応不可能な症状の場合には大きな病院へと引き継がれるという流れが一般的です。
医師になるためには、医学部に入学し国家試験に合格することが必須条件ですが、医学部に入学すること自体が難しく入学できてもさらに難関な国家試験の勉強も行っていくことになります。
医学部は他の学部に比べても学費が高いだけでなく、私立大学の場合には学費がさらにアップするため、学力だけでなく経済的にも負担が大きくかかります。
国家資格に合格してもさらに2年間の研修が必要となり、研修後に医師として活動することになります。
医師は高収入というイメージが高いですが、体力や心理的にも負担が大きく、特に勤務医など不規則な生活を送ることが多く、不規則な生活は開業医になるまで続くことが多いです。

最新記事